重要高校化学反応式 有機化学編
HOME ≫ 重要化学反応式107 <前の反応式   次の反応式>

有機化学  重要化学反応式107

リスト107(有機化学1)


ナトリウムフェノキシドと炭酸の反応
ページジャンプ  
ナトリウムフェノキシドは 炭酸より (  1  )い酸の塩であるため 炭酸ガスを吹き込むと。(    )が遊離する。
C6H6ONa  + CO2  +  H2O
         →  (   1   ) + NaHCO3
 
1  強い   弱い   分子量の大き   沸点の高
 2    C6H5CH2    C6H5CO2     C6H5SO4   C6H5OH


この列の ■ の項目をクリックすると右の列の詳細が展開⇔折りたたみできます。
■ C6H5OH

○フェノール(石炭酸)
コールタール 石油分解生成物中に含まれる白色結晶で コールタールから分離するか、ベンゼンから語合成される方法で工業的に大量に生産される。融点40.95℃ 沸点181.75℃であり、ベンゼンからの合成法には スルホン化後 そのナトリウム塩を水酸化ナトリウム水溶液と加熱するか、ベンゼンとプロピレンからクメン法により作られる。
■ C6H5ONa
○ ナトリウムフェノキシド
白色粉末でありフェノールと水酸化ナトリウムの反応によってつくられる。潮解性があり空気中の二酸化炭素によって分解する。保存には光を避け 密封しなければならない。

コンタクト